IT導入補助金

Home / IT導入補助金

IT導入補助金について

IT導入補助金とはITに関連するサービスやシステムを導入すると、一部のお金を国が補填してくれるという補助金です。

ホームページ新規制作などで使用した経費の1/2、最大50万円(下限15万円まで)が補助されますので100万円使用したら50万円戻ってきます。

ただし、ホームページ制作は、新規制作の場合が補助対象となり、既存のホームページへの改修、変更、増設、一部機能強化やコンテンツの追加等は補助対象外となります。現状のホームページを維持しながらECサイトを追加で作成のは増設似あたり補助金が使えません。今までの事業を見直し、新たなターゲット、新たなブランド・商品を作り出しホームページを使って宣伝するということであれば補助事業として認められます。

レークケア制作部はIT導入支援事業者として、お客様がITを導入される時に補助金を受けられるよう申請とサービス・システムの導入をサポートをさせていただくことが可能です。滋賀県、京都府、三重県のお客様を対象にホームページ制作時のサポートをさせていただきます。

IT導入補助金を利用するには

IT導入補助金を利用するには登録されたIT導入事業者を選ぶ必要があり、申請はIT導入事業者とともに作成しIT導入事業者から申請を上げる必要があります。

弊社は主に、ホームページの新規作成に対して補助をするIT導入事業者として登録されていますが、IT導入補助金が使える事業は他にも会計ソフトの導入など多岐にわたります。ホームページ新作以外でIT導入補助金を利用するにはそのサービスを行えるIT導入事業者を探す必要がございます。詳しくはIT導入補助金のWEBサイト(https://www.it-hojo.jp/)をご参照ください。

また、IT補助金にはその事業内容に対して審査がされます。審査を有利にするために「おもてなし規格認証2018年度版」と「IPA Security Action」の取得があります。これらを取得していれば加点となります。比較的「おもてなし規格認証2018年度版」は取得しやすい認証となりますので是非チャレンジしてみてください。「IPA Security Action」も難しい認証ではありませんが、認証されるのに少々時間がかかるため注意が必要です。

IT導入補助金取得は難しいか?

IT導入補助金は比較的取得しやすい補助金です。補助金にチャレンジしたことのない事業者様には今後持続可能補助金やものづくり補助金など、国から受けられる支援にチャレンジしていく上でも良い機会になると思います。

2018年のIT導入補助金に採択率は一次募集時80%以上といわれていますが、二次募集では30%前後と急激に下がっています。これは一時募集時に持続化補助金が並行して募集されており、そちらに挑戦されていた方が採択されずIT導入補助金にチャレンジされたことで応募者が増え、増えた分だけ十分な計画がなされなかったことが理由として考えられます。

2018年の三次募集では2週間ごとに採択されることとなっているため、チャレンジする回数も多くなったと言えます。また、予算も十分に残っていることをから、三次募集は比較的取得しやすい補助金になるのではないかと考えられています。

まずはご連絡ください

IT補助金導入をお考えの方は専門の相談員が丁寧にご説明いたします。まずは弊社までご連絡くださいますようお願いいたします。

なお、2018年三次募集は、第一回締切:2018年9月25日(火)、第二回締切:2018年10月9日(火)、第三回締切:2018年10月23日(火)、第四回締切:2018年11月6日(火)、第五回締切:2018年11月19日(月)の予定で進められます。余裕を持ってご連絡いただけますようお願いいたします。

ご連絡先:株式会社 レークケア制作部
メール:info@lake-care.net
お電話:0748-86-8330